日本語

English

東京学芸大学国際算数数学授業研究プロジェクトによる、
実践者と研究者を結ぶ国際的な情報交換サイトです。

ホーム > ニュース > 第4回「フロントランナーのための算数数学授業研究セミナー」を開催しました。

第4回「フロントランナーのための算数数学授業研究セミナー」を開催しました。

2016年02月07日

2016年2月7日(日)、日本全国から、34名の指導主事・小中高校の先生方・大学院生等にご参加いただきました。

セミナーの前半は、世界から注目されている、日本の授業研究と問題解決型授業について考え、その価値を改めて認識いただくための全体講演を行いました。

後半の問題解決ワークショップは、小学校編と中学校・高等学校編に分かれて行われました。
参加者は具体的な教材や授業を基に、「予想される子どもの反応は何か」「教材研究をどう進めるか」「どのような観点で指導講評すべきか」等について議論しました。
 
参加者の方々より、「  研究授業の指導案・事前授業・授業の観察等について、気になってはいても先生方それぞれの価値観、と認めて流していたことがあった。講話を聞いて大事な事として発信していかなければいけないのだなと反省。」「思わず考えたくなる問題を出していただき、このように集中できる問題をこどもに出す大切さ、楽しさを共に学ばせていただいた。」「" 日本の教育に自信を持って"という熱意に自信と元気をいただいた。」等という感想をいただきました。

お越しいただき、誠にありがとうございました。

 
 
 

※ テーマ:国際的に普及する日本の問題解決型授業 −その特徴と価値—

※ 参加者実績:計34名(内訳:小学校教諭11、中学校教諭5、高等学校教諭2、大学教授等2、指導主事等3、大学院生9、その他2)

 

東京学芸大学 国際算数数学授業研究プロジェクト

Email:info@impuls-tgu.org

〒184-8501
東京都小金井市貫井北町4-1-1