日本語

English

東京学芸大学国際算数数学授業研究プロジェクトによる、
実践者と研究者を結ぶ国際的な情報交換サイトです。

ホーム > ニュース > 平成23年度 JICA地域別研修「算数数学授業評価セミナー」が開催されました。

平成23年度 JICA地域別研修「算数数学授業評価セミナー」が開催されました。

2011年11月15日

概要

(1)     案件名

    平成23年度地域別研修「アフリカ地域算数数学授業評価セミナー」

    Seminar for Mathematics Lesson Evaluation JFY2011

(2)     研修期間 平成23年8月26日~平成23年9月16日

(3)     研修員数 16人

           エチオピア(2)、ガーナ(2)、ケニア(2)、マラウイ(2)、ザンビア(3)、

           ウガンダ(2)、タンザニア(1)、シエラレオネ(2)

研修内容

(1)     カリキュラム構成

単元目標 カリキュラム構成
来日前 授業評価の視点及び「良い授業の要素」について議論し整理する。 ・帰国研修員等と協力した問題解決型授業の指導案作成及び実施
・自国の授業評価と帰国研修員との協議
・インセプションレポートの作成
1 授業評価の視点について共有する。 ・インセプションレポートの発表
・撮影した授業の授業評価結果の発表
2 日本の算数・数学科授業の特徴とその教育的価値を理解する。 ・基本講義、演習の実施
1)国際比較からみた日本の算数数学授業の特徴
2)問題解決型の授業の構成
3)問題解決型の算数授業の体験、教材研究の基礎
・問題解決型授業の観察(全10時間)
3 算数・数学科授業観察とその評価について演習する。 ・附属小学校での連続授業観察及び事後協議 (4時間)
・附属中学校での授業観察及び事後協議(2時間)
4 授業評価の視点について理解を深める。 ・研修員による授業研究
1)課題の理解、指導案の書き方、教材研究
2)模擬授業の実践
3)研究授業の実施
4)研究協議会の実施
・都内公立小学校での校内授業研究会の観察(1時間)
5 授業評価の視点について整理する。 ・「良い授業」の要素についての総合討論
・ファイナルレポートの作成と発表
帰国後 本邦研修で学んだことを活かし授業評価実践を行う。 ・授業ビデオの再評価、来日前の評価結果との比較
・自国における授業評価の実践

(2)     日程、 研修に関する所見 

    詳しくはこちらをご覧ください。→  impuls-tgu.org/cms/updir/File/JICA2011.pdf 

 

 

 

 

東京学芸大学 国際算数数学授業研究プロジェクト

Email:info@impuls-tgu.org

〒184-8501
東京都小金井市貫井北町4-1-1